1.ベルブランはどんなニキビ跡に効果がある?
ベルブランは、ニキビが治った後のニキビ跡になりやすい肌を救ってくれる「美白導入美容液」です。

 

ニキビやニキビ跡の原因は人によって違うものです。
間違ったケアでニキビ跡がひどくなってしまわないためにも次のことを知っておくことが大切です。
・今の肌の状態を知る
・ベルブランはどんなニキビ跡に効果があるか

 

1-1.ニキビ跡になりやすい肌環境とは?

まずは、今の肌の状態をチェックしてましょう。

 

・肌の乾燥が気になる
・ニキビができないようにクレンジング効果が高いもので洗顔している
・ニキビを治そうと効果が高そうな化粧品を探し続けている

 

実は、この項目は、ニキビ跡になりやすい肌環境を作る原因になるものです。
当てはまった数が多いほどニキビ跡になりやすい危険な肌環境だということになります。

 

1-1-1.肌の乾燥がニキビ跡の原因かも

肌は乾燥した状態が続くと、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下します。
バリア機能が低下した肌は、肌を守るために角質を分厚くして対抗します。
こうして分厚くなった角質が毛穴をふさいでニキビを繰り返してしまうのです。
こうなってしまうと、ターンオーバーの機能も正常に働かず、ニキビ跡もなかなか治らなくなってしまいます。
ニキビにもニキビ跡にも乾燥を防いで保湿をすることはとても重要なのです。

 

1-1-2.落とし過ぎがニキビ跡の原因かも

ニキビは皮脂が多いことが原因だと、クレンジング効果が高いもので洗顔してしまいがちになります。
でも、実は洗顔が乾燥を招き、ニキビやニキビ跡になってしまっていることがあるのです。

 

1-1-3.化粧品ジプシーがニキビ跡の原因かも

効果を求めて化粧品ジプシーをしていると、肌が敏感になってしまうことがあります。
敏感肌は、バリア機能が低下している危険な状態です。
しっかり保湿をして負のループから脱出しましょう。

 

1-2.ベルブランはどんなニキビ跡に効果がある?

ニキビ跡を大きくわけると
@赤くなるタイプ
A色素沈着するタイプ
Bクレータータイプ
になります。

 

ベルブランは美白導入液というだけあって、ニキビによる色素沈着でできたニキビ跡に特に効果があります。
3つのニキビ跡の中で一番軽い赤くなるタイプのニキビ跡もベルブランで保湿して、ターンオーバーを正常にすることで改善されます。

 

問題なのは、クレータータイプのニキビ跡です。

 

1-3.ベルブランはクレーターに効果がある?

クレータータイプのニキビ跡は次の3タイプに分けることができます。
@アイスピックタイプ…2o以下の穴が真皮という皮膚の奥まで傷になってしまったタイプ
Aローリングタイプ…4o以上の穴がゆるやかに開いているタイプ
Bボックスタイプ…4o以上の穴で穴の底が平らで目立つタイプ

 

真皮に傷が達していないローリングタイプやボックスタイプは、ピーリングやターンオーバーを正常にすることで改善されます。
真皮まで傷が達してるアイスピックタイプは、レーザー治療が有効とされています。

 

ピーリングもレーザーによる治療をするにしても、ターンオーバーを正常にするために保湿をしっかりすることは大切です。

 

また、ピーリングやレーザーによる治療法は、どちらもいったん肌を傷つけて肌を再生させる治療法なので肌が弱い人にはオススメとは言えません。
長い目で見れば、しっかり保湿をしてターンオーバーをさせて治していく方が肌にとって負担も少なく安心ですよね。

 

でも、ベルブランを使ってすぐにクレーターが治るというわけではありません。
ベルブランでしっかり保湿することがクレーターを治してキレイな肌を取り戻す近道になるのです。

 

2.ベルブランの成分は?美白導入美容液とは?

2-1.ベルブランは美白導入美容液

美白導入液とは、美白成分を含んでいる導入液です。
ベルブランには、甘草の根から抽出した油溶性甘草エキスがナノ化して配合されています。
細胞間脂質とよく馴染む油溶性甘草エキスが、美容成分も一緒に肌の奥まで浸透するように働きかけます。
ベルブランが「美白導入美容液」とされているのは、このような導入作用と美白効果のWの効果があるからなのです。

 

2-2.ベルブランの成分は?

ベルブランの有効成分は、抗炎症作用のグリチルリチン酸と美白作用のトラネキサム酸です。

 

その他にも保湿成分や美肌成分がたっぷり配合されています。
美白成分:カモミラエキス、アルピニアカツマダイ種子エキス
導入成分:油溶性甘草エキス
保湿成分:ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸
保水成分:エクイトニン
肌をなめらかにする成分:スターフルーツ葉エキス、水溶性コラーゲン
肌バリア成分:セラミドV
セラミドサポート成分:カンゾウ葉エキス
UVダメージケア成分:テンニカ果実エキス
肌に透明感を出す成分:シルバーバイン果実エキス
肌を柔軟性にする成分:セイヨウオオバコ種子エキス

 

合成香料・着色料・パラベン・アルコール・鉱物油と肌に刺激になるものは無添加です。
乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるのがベルブランのメリットのひとつですね。

 

3.ベルブランを実際に使ってみた感想

3-1.ベルブランの使用感は?

ベルブランは美容液というだけあって、トロッとした使用感です。
トロッとした使用感だけど、ベタツキが気になるということはありません。
美容液っていい匂いがしそうな気がしていたのですが、ベルブランは無臭です。
ブースターなので、この後他のアイテムを使うことを考えると匂いがしない方が使い勝手はいいかもしれないです。
恐る恐るニキビのあるところにも使ってみましたが、しみたりせずやさしい使い心地でした。

 

3-2.ベルブランを使って1週間後の肌

今まで使っていた化粧水やクリームは変えていないのに、乾燥で砂漠のように水分がなかった肌がしっとりしてきて驚きました。
浸透力が変わるだけで効果は変わるということを実感しました。
ただ肝心のニキビとニキビ跡には今のところまだ効果を感じていません。

 

3-3.ベルブランを使って1ヶ月後の肌

ベルブランを使い始めて2週間後ぐらいから赤みのあるニキビ跡がちょっと改善されてきました。
1ヶ月経った今では、赤みのあるニキビ跡はほとんど目立たない程度になりました。
茶色いく色素沈着しているニキビ跡もかなり薄くなってきました。

 

ベルブランのボトルは思ったより小さめだったのですが、ジェルのようなトロッとした使用感でのびがよく、しっかり1ヶ月間使うことができました。
83%が2週間でリピを確信したというアンケート結果に納得です!

 

 

4.ベルブランの口コミを徹底比較!

ベルブランのいい口コミ

使い始めてから2週間ぐらいまでの口コミで多いのは、「肌が明るくなった」や「ハリがでてきた」などの肌全体の調子がよくなったというものです。
ニキビ跡については個人差があるようで、2〜3日で赤みがとれたという口コミもありました。
ニキビ跡の色素沈着が薄くなってきたという口コミは1ヶ月以上使い続けた人に多いということは、根気よく使うが大切だということですね。

 

ベルブランの悪い口コミ

いい口コミが多いベルブランにも「2週間使ってみたけれど効果が感じられない」や「ニキビができてしまった」という悪い口コミもありました。
即効性を期待していたり、肌質の問題で合わないという場合に悪い口コミにつながるようです。
他にも「ベルブランだけでは乾燥してしまった」という使い方を間違っている口コミもありました。
ベルブランの効果をしっかり実感するためにも正しいベルブランの使用方法を確認しておく必要があります。

 

ベルブランは使用方法で効果が変わる?

ベルブランを化粧水の後に使ったり、ベルブランだけでスキンケアをするという間違った使い方をして効果を感じられないという残念な口コミがありました。
ベルブランは、あくまで導入液なので、洗顔後すぐに肌につけることで、その後の化粧水やクリームの美容成分を肌の奥にしっかり届けることができるのです。
ベルブランだけでスキンケアを終わらせてしまうと肌質によっては乾燥してしまうことも考えられます。
せっかくの導入の効果を実感してニキビ跡を改善するためにも、ベルブランに保湿効果の高いスキンケアをプラスするのがおススメです。

 

ベルブランの口コミまとめ

口コミを調査してみると、ベルブランでニキビとニキビ跡を克服した人には、次のような共通点があることがわかりました。

 

・ベルブランだけでケアを終わらせず、化粧水やクリームでしっかり保湿している
・肌がターンオーバーするまでは辛抱強く使っている

 

これができた人は、ベルブランでニキビとニキビ跡を克服して美肌を手に入れられるということなんです。
ベルブランは、ニキビ・ニキビ跡だけでなく、美白美容液というだけあって、高い美白効果でくすみやシミにも効果があります。
ニキビ跡と美白を同時にしたいという人には、ベルブランがおススメです。

 

5.ベルブランをお試しするなら・・・
ベルブランのお試しをするなら、60日間全額返金保証が付いている定期コースがおススメです。
というのもベルブランの効果を実感するためには、最低でも肌のターンオーバーの期間である1ヶ月間は使ってみる必要があるからです。
たっぷり2ヶ月間試してみることができると考えると、トライアルセットよりお得になりますよね。
使った人の93.3%が使い続けたいというベルブランの効果を60日間じっくり体験してみてください。